読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話をしよう。

旅やゲストハウスや人生や。

物を持ちすぎるということ。

シェアハウス内での引越しが決まりました。

今のシェアハウスに入居して約2ヶ月。

来月の下旬に個室からドミトリーにうつります。

理由は固定費を下げたいから。家賃出費を抑えたいのです。

 

そんなわけで、荷物をまとめていかなければなのですが入りきるかどうか。

とりあえずスペースの確保のためにベッドを手放そうと思います。

身軽になりたいと思いつつ、一番の荷物だったシングルベッド。

ようやく手放す時が来たのだなと。

ミニマリスト御用達のマットレスが欲しいです。

 

 

 

 

そんなことを考えながら部屋の中を見渡すと、使えるけれど使っていないもの、

手放したいけれど勿体無く感じてしまうものが多々あって、うーん。てなります。

 

所有欲のために購入したものもたくさんあるんだなと。

必要性 ≦ 所有欲

ちゃんと働いていてお金に多少の余裕もあった時期だったんだなと感じます。

 

貧乏暇なしな今の生活では使う余裕がないものも多々。

使う頻度が低いものはどうしていいかわからないですね。

 

そんなわけで、やっぱり余裕がなさそうな3月になりそうです。

春だなー。

生きている理由。

「何がしたいのか?」という問いかけに対して明確なことを答えられなくても、本質はすべて「生きていたい」という答えになるのだと思う。

たとえ相手に「あなたが何をしたいのかよくわからない」と言われようが、そんなことは気にする必要ないのだと思いたい。

 

一つの仕事を続けていることがいいことなのか、正社員で働いているのがいいことなのか、成し遂げたいことがあるのがいいことなのか、結婚するのがいいことなのか、それでその人の善し悪しがみえるのか。

そんな価値観、人それぞれではないのか。

 

仕事をするのもお金を得るのも食べるのも、全てが生きるためにしていることであって、つまりは「生きていたい」という願望をもっている。そのために今がある。それだけでまずは十分じゃないのかな。

うつ病で毎日が真っ暗な世界の中にいた時期を思い返したら、今はだいぶしあわせで前を向いている。したいことは「楽しく生きたい」とか「周りの人をしあわせにする生き方をしたい」とかそういうのでいいと思う。

働くことでその先に何が見えるのか、そこで生活することで何ができるのか、それの方が大事なんじゃないかなー。

 

 

少しのモヤモヤと、恥ずかしさのような悲しい気持ちが生まれたので発散でした。

 

 

苦手なこと。

ふと気がついたのでメモです。

 

わたしをキッカケに友人同士が知り合うのはいいのだけれど、紹介してって言われるとめんどくさい。

人と人とが繋がっていくのはおもしろいと思うけれど、人と人とを繋げるのは苦手。というかめんどくさい。

自分のことは自分でやってね、て思う。

わたしを橋渡しにして勝手に繋がればいいよ。

 

基本的に自分が一番なたなでした。

花は地に咲いているときが一番美しい。

f:id:tana0123:20170204232810j:plain

中学時代からの友人の結婚式でした。

先日から体調の良くない日が続き、「こんなときに人は結婚したくなるのだなぁ」と結婚願望が芽生えたのですが、その翌日の結婚式でまさかのブーケをキャッチしてきました。(実際は目の前で落ちたのを拾ったのだけれど)

 

これでわたしも万が一が起こるかもしれません。

ありがたやー

 

で、帰宅して一番にしたのが貰ったブーケと全員に配られたかすみ草をどうにかすること。花って命があるじゃないですか。いつかは枯れてしまう。だけれどこのままにしちゃいけないなって。

 

挙式の会場の都合で実家に帰省しているため、持ち帰ることは不可能。

かすみ草はたとえ短い時間でも可憐な姿を見せ続けてほしいなと思って水にいけて。

ブーケ(バラの花束)はどうにかならないものかと洗濯ばさみに吊るして風通しの良い所でドライフラワーになることを期待。花の命が少しでも長く楽しめますように。

 

f:id:tana0123:20170204235814j:plain

 

そんな作業をしながら思ったのが、「花は地に咲いているときが一番美しい」ということ。生活に彩りや潤いを与えてくれる切り花たちももちろん美しいです。花束をもらうことも嬉しいです。

だけれど本来の姿、いつかは枯れてしまっても大地の恵みや水を浴びて育っている花の姿が一番美しいんじゃないかなって。水耕栽培とかもあるけれど。

 

花じゃなくても、人間でも。

その人がその人らしくいられる場所、本来の姿であれる場所が一番美しく、尊い。

一瞬一瞬の美しさは作り出すこともできる。だけれどそれを維持し続けることは容易ではない。飾らずに、自分が自分でいられる場所と出会えることの大事さを考えました。

そんな環境で共に歩んでいくパートナーをわたしも見つけたいですね。

 

以上、アラサー女子の願望でした!

旅するモヤモヤ。

先日、初対面になる友達の友達に誘われて早朝銭湯に行って来ました、たなです。 

f:id:tana0123:20170124234058j:plain

 朝8時に御徒町駅集合で、朝6時から営業している燕湯さんへ。

その後はアメ横の居酒屋さんでモツ煮を食べてレモンサワーをのんで(日本酒ものんだけど)ホロ酔いで昼前に解散。という素晴らしくゆるい、かつ充実した休日を過ごしました。

 

\早朝銭湯、オススメします/

 

さてさて、そんな話とは変わって本日の題『旅するモヤモヤ』とは。

そもそもわたしがひとり旅に初めて行ったのは昨年の夏で、7月の火,水,木という社会人的にはド平日でした。当時は接客業をしていたので土日祝は基本的に仕事だったんですね。(平日休みサイコー!ってタイプです)

 

で、2回目のひとり旅も9月の火,水,木というド平日。

しかも離島。

宿泊客はわたし一人。

ゲストハウスのオーナーさんとも仲良くなるし、住んでる地域の方々とも出逢えるわけです。そんな「そこに住んでる人たちの生活にちょっと触れてみる」旅を好んでいたので、最近は「旅仲間」と出逢えたり知り合えたりすることを嬉しく感じる反面、ちょっとモヤモヤしてしまう時があって。

 

旅仲間って、「一緒にここ行こうぜ!」って訳じゃなくて、たまたま同じゲストハウスが好きで行っていたら度々顔を合わせるようになって、そこから輪が広がって。って感じで、友達の友達と友達になったり、他のゲストハウスでもばったり会ったり。って広がっていくようです。結局ゲストハウスってそういう縁を繋げる場でもあると思うんです。

 

でもなんかモヤモヤしちゃう。

仲間内で終わる旅だけじゃ嫌だし、そこに住んでいる人たちとも関わりたい。

自分の旅のスタイルと、旅仲間と出逢えるスタイル。

どっちもを大事にしたい。

 

旅先で出逢った友達と共通の友達が増えるのは嬉しいし、楽しい。

誘ってもらえたり、声をかけてもらえたりしたらひょこひょこ喜んでついていく。

そんなみんなが大好き!それはまぎれもない真実。

色んな人に出逢ってみたい。

それだけど今は時々わからなくなる。

バランスがうまくとれなくなることがある。

そんな時に帰りたくなるゲストハウスもある。

 

そんなわたしの旅するモヤモヤ。

今年はどんな出逢いがあるんだろうな。どんな旅が待っているんだろうな。

f:id:tana0123:20170125003850j:plain

以上、ひとり旅ビギナーの悩みでした。

おわり

 

近所のパン屋さんでバイトを始めた話。

近所のパン屋さんでバイトを始めました、たなです。

わたしはいま商店街の中にあるシェアハウスに住んでいるんですが、地域に根付いた仕事をしたいなと思っていたら、おばあちゃんが店番している小さなパン屋さんに出会いました。そして入口や店内には『パート急募!』の張り紙が。(もちろん手書き)

話を聞いてみると、旦那さんが早くに他界され、息子さんが一人でパンを作っているそうな。火水・金土しか開いていないパン屋さん。

しかもお値段良心的!

 

・メロンパン 113円

・アンフランス 155円

・シュガーツイスト 83円

・春巻き揚げパン 忘れた円

f:id:tana0123:20170111194820j:plain

 

いつの時代だよって価格ですね。

そしてなにこの端数ってゆー。

 

まあそんなわけで一応履歴書をもっていき、とりあえず火金で働いてみることになりました。人手足りなくて大変らしい。

この前初バイトで値段覚えてないのにレジやらされてぴえーーー!ってなりました。明日は臨時休業らしいです。

ちなみに、おばあちゃんと店主との荒々しいやりとりが店内まで聞こえていて、はじめて来てくれた知り合いの方が「ドリフみたいだね」って言っていたのが面白かったです。

 

あ、旅とか人生とかの話に繋げようかなと思っていたんですがこれはどうも無理くさいですね。とりあえず、旅をするにはお金も必要だよね!ってことで⭐️

 

全然旅の話をしないこのブログ、今月末は久しぶりにゲストハウス行く予定なのでまた更新したいと思います。それでは!

歩むしかない。

初詣ででたおみくじは大吉でした。

ありがとうございます。

f:id:tana0123:20170109031327j:plain

 

さてここ数日のわたし。

ちょっと気分が落ち込み気味です。たぶんこれはお金の心配をしてるから。

ここ最近使うのは食費ばかりだけれど。真面目になろうと思って美容室も行ったわ。

 

ま、それでも以前の仕事を辞める選択をしたのは自分なので何も言い訳はできません。

とりあえず、前から働きたいと思っていたところには履歴書類出して、志望動機書も本気で自分と向き合いながら書きました。そこの仕事をベースに、あとは近所のパン屋さんとかでパートしたいなと思ってます。

本気で働きたいと思ってるお店+住んでる地域のお店、で働くのが今の理想&希望です。どうなるかな。

 

今は負の波に心が折れそうで、消費するだけの毎日にどうしたらいいんだろうってなってます。この前までのポジティブさが行方不明です。

 

でも、こんなときに思い出すのが、『(未来が)暗くても、明るくても、歩むしかないなら、気にする意味ないじゃん。』てゆー、わたしの好きな人が以前いっていた言葉。

 

とてもフラットなんだけれど、前向いてるんだなって伝わる言葉。

だからこの人に惹かれたんだなって実感します。

 

 

おみくじにもあったけれど、今はちょっと耐え忍ぶ時期なのかもしれません。

春になって暖かくなってきたらいいことあるかも。

 

明日(とゆーか今日か)は近くでどんど焼きやるみたいなので、行けたらいいな。起きれる自信がないです。