読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話をしよう。

旅やゲストハウスや人生や。

完璧を目指さない、2017。

f:id:tana0123:20170103164544j:image

あけましておめでとうございます。(↑一緒に住んでる友達が大事にしている愛犬を撮影w)

2017年の年越しは東京本土唯一の村、檜原村(ひのはらむら)にあるゲストハウス へんぼり堂で過ごしました。まったりゆったり、わたしの好きな場所です。

 

年が明けて、カレンダーも手帳も買いそびれていたことに気付いたわたしは、2016年のカレンダーの裏側に手描きで2017年1月のカレンダーを作りました。

無いなら作ればいいじゃない精神最高!

 

さて、自分が何をしたいのか。新年になったのでそんなことを思い浮かんだままメモ帳にペペペッと書いて整理しました。 

◎自然に近付く。

◎身軽になる。

◎自分にしかできないやることリストの明確化(やめることリストを作る)

一番最後のは友達のしぶりん(id:shibu_rin)からの言葉です。

 

 

わたしのこのツイートに反応してくれたしぶりん。

まずは「完ペキを目指すこと」をやめようと思います。人間はいつまでも発展途上なのではないかと。几帳面・真面目・キレイ好き、A型の典型みたいなわたしなんですが、いい意味でテキトーになります。ポーイ!ってします。ちょっとしたこと、スルーします。息苦しいから。

だけれど思いやりの中で生きます。誰かができなかったことを放置するのも簡単だけれど、それを自分が補うこともできる。思いやりの範囲でそれができればお互いに気持ちいいんじゃないかな。

自分がストレスに感じない程度で補完して、感謝された時にはうれしいし。気持ち良さの中で生きていきたい。

 

その他、身軽になるってところでは持ち物を今の半分にするのが目標です。

ベッドもテレビも無くしたい。靴も鞄も洋服も好きだけれど必要以上に持たなくていい。大事なものは手の届く範囲で、自分の認識できる範囲で。いつでも旅に行けるようでありたいです。

 

今年は20代も最後です。

自分が気持ち良いと感じる場所や出会いやご縁や、そういうものを繋いでいく年にしたいですね。きれいさよりも土臭く、自然や地域に近付く(根付く)方法を模索したいです。

 

頭の中を整理するために再始動させたブログ。

旅のことややりたいことを具体的に表現できる文章を書けるように、わたしという人物に興味をもってくれた人が生まれるようにしていきたいです。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

旅がわたしにくれたもの。

記事のタイトルは大体外をぷらっと散歩してるときに降ってきます。

今日は「旅がわたしにくれたもの」ということで、この曲でも聴きながらどうぞ。


【(再アップ)ジッタリンジン】プレゼント1989年

 

この曲を初めて聴いたのはたしか小学校の給食の時間だったと思います。

ひたすら「あなたが私にくれたもの〜♪」って歌詞になんだこの曲(笑) って思ってたんですが、ちゃんと聴くと切ないんですよね。

JITTERIN'JINN世代じゃないけど、突き抜ける感じの歌い方とか、切ない歌詞が多いのとか、好きです。

 

で、話が逸れたけれど旅がわたしにくれたもの2016。

 

 

旅のはじまり

そもそも2016年の下半期の目標を『ひとり旅ができるようになる』と決めたのは何がキッカケだったか覚えてないんですが、〝好きな人が見たものを自分も見てみたい〟と思って行動にうつしたら見事にハマってしまいました。

 

わたしの場合、行ってみたいゲストハウス×他に寄りたい場所(やりたいこと)の二つが揃えばあとはノープランで、移動手段や交通機関及び宿の確保をして気の向くままに旅が始まります。観光地にはあまり興味がありません。

 

【2016年に泊まったゲストハウス】

愛媛県越智郡上島町佐島  古民家ゲストハウス 汐見の家

新潟県岩船郡粟島浦村 おむすびのいえ

東京都西多摩郡檜原村人里 へんぼり堂

新潟県新潟市中央区古町通 ゲストハウス人参

愛知県北設楽郡東栄町  体験型ゲストハウスdanon

 

初めてのひとり旅が7月だったので、そこから行った場所は少ないです。でもおむすびのいえやへんぼり堂にはすでに2回行っているので、場所の数より自分がどれだけそこに居たかだなと。

ちなみに今年の年越しもへんぼり堂の予定です。こうしてみると、はじめてのひとり旅(愛媛)が一番遠くまでぶっ飛んでたことがわかりますね。笑

 

 

旅がわたしにくれたもの

はじめて行った愛媛県の佐島で、 同じ日本なのにこんな生活もあるのか!って思ったんです。船が生活に根付いてる場所に行くというのは初めてで、佐島から帰って来てから離島にあるゲストハウスを探すようになりました。(そしておむすびのいえへ続く)

 

それがわたしと島との出会いで、そこから新潟県の粟島に行ったら島の人々のあたたかさに触れて感激したのと同時に、自分と一つしか歳のかわらない子が島に移住してゲストハウスを作ってオーナーをして島の人たちを愛し愛されている姿を見たら、こういう生き方もあるんだなって。

 

今まで自分の周りにはいなかった人たちの生き方を目の当たりにしたんです。

 

 

それがとても大きな出会いだったなって今は思います。

 

あと、旅仲間に出会えたこと。直接会えたのは本当にここ最近なんですが、Facebookを通して知り合えたのがキッカケで、旅仲間と泊まるゲストハウスもいいもんだなって思いました。

わたしは平日にぽつーん!とゲストハウスにおじゃまするのが好きで(というか仕事の都合で基本的に休みが平日だった)旅先で現地の人以外と交流する機会がほとんどなくて。

 

それがFacebookの繋がりからポーン!とゲストハウスでのイベントに声をかけてもらって、同世代の旅仲間と出会うことができたんです。

それはそれは新鮮で、こういう旅もいいなぁって。旅先で会って、わいわいゴハン食べて、またゲストハウスでね〜!って別れる。ゲストハウスが集う場になってるんだなぁって。

 

人に出会うこと、そんな場にいることが好きなんだなぁって気付かせてくれたのも旅でした。

  

だから2017年の旅目標は「旅仲間に出会うこと」って決めてます。今まで出会った人たちとも、まだ会ったことない人たちとも、ゲストハウス友達100人できるかな!なーんて。

 

まぁ要するに、旅を通して自分自身と向き合えたんじゃないかなっていうのが結論です。

何がしたいのか、何が好きなのか、どんな風に生きていきたいのか。そんなことを考えさせてくれるキッカケをもらったかなって思ってます。 

 

みんなも仕事で悩んだり行き詰まったりしたら旅をしてみるといいよ!

 

 

それでは、今日はこのへんで。

f:id:tana0123:20161230181334j:plain

 

 

カタチあるものはいつか壊れる。

f:id:tana0123:20161229165255j:image

いきなり汚い写真ですみません。

 

お気に入りだったmarimekkoのマグカップを割りました。わりと凹んでます。 

 

シェアハウス暮らしをするようになってから自分の食器はほとんど持っていないんですが、marimekkoのマグカップは2つ持っていて、それはそれは大事にしてきたんですが…ついに、割りました。

 

割った瞬間思ったのは、「カタチあるものはいつか壊れる」ということ。

 

---------------------------------------------------------------

あんなに何度も口付けをしたあなたとお別れするのは悲しいけれど。

唇が触れた時にあなたほど優しさを感じる相手はいなかった。

目が覚めて、眠気覚ましに熱いコーヒーを飲むときもあなたが一緒にいてくれたね。

今年の冬は何度も一緒に甘酒を飲んだね。

あなたがいるのが当たり前だと思っていた。

これからもあなたと一緒にいられると思っていた。

大切にしてきたけれど、あなたとお別れする瞬間は突然やってくるのね。

今まで本当にありがとう。大好きだった。

これからもあなたへの感謝は忘れないわ。

「カタチあるものはいつか壊れる」

それが今日この瞬間だっただけ。

3年間一緒にいてくれてありがとう。

またこれでわたしは一つ身軽になれると思うの。

大切にしたいものが多すぎると、きっとわたしは身動きがとれなくなってしまうから。

大丈夫、年明けになっちゃうけれど次の不燃ゴミの日にはちゃんとお別れをするから。

---------------------------------------------------------------

 

 

そんな妄想でいっぱいです。

まぁウソですが。

 

たしか2013年のクリスマス頃に貰ってから約3年、二度の引越しも共に歩んできました。

ま、ひとりで2つマグカップを持っててもしょうがない気もするのでそういうタイミングだったと思うことにします。

 

もっとまじめな文章を下書きでは書いていたんですが、

くだらない妄想書いてたらこれ以上書く気がなくなりました。

それと共に割ってしまったマグカップへの悲しみもおさまってきました。

悲しみもブログネタにして弔っていこうと思います。

 

https://www.amazon.co.jp/marimekko-マリメッコ-NANUK-マグカップ-ホワイト/dp/B0042US54M

 

では、年の瀬の出来事でした。

旅の話はまたしましょう。

はじめましての自己紹介。

はじめまして。

以前作って放置していたブログを新しく再始動することにしました。

たなです。

簡単に自己紹介をすると、茨城県出身、東京都在住、シェアハウス暮らし、

好きなことはひとり旅とゲストハウス。食べることも好き。

楽しいことに巻き込まれたい。

そんな感じです。(ザックリ)

 

f:id:tana0123:20161228234929j:plain

(↑旅仲間が愛知県の東栄町にあるのき山学校で撮ってくれた写真です。 )

 

ひとり旅デビューをしたのは2016年の7月。

好きな場所は新潟県の離島、粟島です。

ここではそんな粟島の話や、他のゲストハウス旅、

人との繋がりや感じたことを書けたらなと。

そもそも人生自体が旅みたいなものだなって思っていて、

ブログのタイトルもこうなりました。

(それに「水曜どうでしょう」好きな私としては、藤村Dの『腹を割って話そう』という名言に近い気がして。笑)

 

旅の話=人生の話でもあるような、

流れ流れついていつかは自分の居心地のいい場所にたどり着けるんじゃないかなって思っています。

 

それではまた、お話ししましょう。